teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 裏妙義

 投稿者:sudo  投稿日:2015年 8月 4日(火)18時30分40秒
返信・引用
  > No.314[元記事へ]

デナリさん。こんにちは

妙義山には行ったことはありませんが、前から面白そうだとは思っていました。
ただ、テントで山中一泊してくるのが好きなので、山中で幕営できないところは選考から漏れがちでした。
あまり体力が低下してからだと危なそうですね。
用心して計画したいと思います。ヒルは気味が悪いですね。

 
 

裏妙義

 投稿者:sudoさん  投稿日:2015年 8月 4日(火)15時31分26秒
返信・引用
  sudoさん、こんにちは。
1日(土)に裏妙義に行ってきました。これで5回目ですが2年ぶりで、記憶にある感じよりハードに感じました。
基本的には一般ルートなのですが、鎖場がとても多く、そのどれもがかなり長めでクライミング要素がたっぷりです。
岩登りの経験がない人だと途中で挫折するかもしれません。
核心部は20mのチムニーの下降ですが、足場が結構ありよく見れば問題ありませんが、高さを感じるのでビビって鎖を
強く持ってしまうと途中で力尽きて落ちてしまうかもしれません。
その後も65mのトラバースや登ったり降りたりの鎖場の連続に、先日の暑さもあって少々バテました。
登山口の国民宿舎裏妙義には風呂もあり、下山後、即お風呂に入れるので、それはとても良かったです。
ただ、登山口付近と沢付近ではヒルが多く、5箇所ぐらいかまれ、今でも痒いです。
ここは標高も低いですし、紅葉の10~11月ぐらいに登るのが良さそうですね。
 

癒し系

 投稿者:sudo  投稿日:2015年 7月31日(金)22時39分47秒
返信・引用
  >デナリさん
本当は温泉がある所などいいのですが、土曜日の朝車で出発して、ちょっと歩いて温泉という所はなかなかありませんね。
>山こじさん
私も体重とザックを合わせると90キロを超えています。
なんとかしなければとおもってはいるのですが。
 

景色が最高でした・・・

 投稿者:山こじ  投稿日:2015年 7月31日(金)18時51分6秒
返信・引用
  sudoさん、無事に帰ってきましたが、トレーニング不足と体重の増加で、一歩一歩が私の場合、身に着けている物+ザックで100㌔になります。 こんなメタボのまま縦走したのですから、バテバテは必至の事でした。 しかし、今回は台風の合間に決行できてラッキーでした。 レポ頑張ります。  

sudoさん

 投稿者:デナリ  投稿日:2015年 7月31日(金)18時39分19秒
返信・引用
  sudoさんが考える癒し系の山行というのも、とても気になります。
山行記録を楽しみにしています。
明日は友人と久しぶりに裏妙義へ行ってみようと思います。
 

デナリさん

 投稿者:sudo  投稿日:2015年 7月30日(木)20時11分27秒
返信・引用
  藪漕ぎがあまりなかったというのは正しいルートを通っていた証拠だと思います。
私が5月頃行ったときはすごい薮こぎでした。
出合小屋に宿泊すれば荷物は少なく出来てよいですが、無人小屋に一人でとまるのはあまり気分のよいものではないですね。
無人小屋があっても、つい、外にテントを張りたくなってしまいます。
私は今度は癒し系のテント山行をしたいと模索中です。
 

sudoさん

 投稿者:デナリ  投稿日:2015年 7月30日(木)12時00分23秒
返信・引用
  藪漕ぎは思ったほどではありませんでしたが、堰堤のあたりにアザミが群生しており、鋭い葉で腕などを随分切りました。出合小屋のトイレは私が行った時も毛布でした。尾根の取り付きは思ったより出合から近く、一度は通り越してしまいましたが、引き返し須藤さんが登られたであろう場所から上がりました。草付きガリーはフィックスロープを束ねて置いてある場所が分からず、だいぶ左側に行き、突き当りみたいな場所から上に上がり、ガリー手前のバンドまでトラバースしましたが、ちょっと左に行きすぎました。確かにやな感じの場所でした。雪が詰まった状態の時はちょっと恐いですね。
でも、いろいろな要素があり、もう一度秋にでもチャレンジしてみたいです。
 

デナリさん

 投稿者:sudo  投稿日:2015年 7月30日(木)06時55分57秒
返信・引用
  こんにちは。
夏の天狗尾根へ行かれたとのこと。お疲れ様でした。
夏は笹が生い茂ってうっとうしかったのではないでしょうか。
八ヶ岳はポピュラーな山域ですが、人の少ないルートもたくさんあって良いですね。
出合小屋はトイレがもう少しすっきりしていると良いのですが、
私が行ったときは扉の代わりに毛布が垂らしてある状態であまり使いたくなりませんでした。
以前フィックスロープが付いていた草付きのガリーは、あのままロープが無いのも良いかも知れませんが、積雪期はどうかわかりませんね。
 

山こじさん

 投稿者:sudo  投稿日:2015年 7月30日(木)06時46分37秒
返信・引用
  後立縦走お疲れ様でした。
私も今回、候補には挙がっていたのですが、遠見尾根から針ノ木までだと3泊4日ですか?
台風も来て時間がなかったので、短いルートにしました。
あのあたりはアプローチが短いのが良いですね。
わたしもいずれ行きたいとおもっていますので、レポートをよろしく。
 

天狗尾根

 投稿者:デナリ  投稿日:2015年 7月28日(火)21時07分10秒
返信・引用
  sudoさんご無沙汰しております。
初めて先週末天狗尾根に行ってきました。初日は出合小屋に泊り、翌日尾根から赤岳~美濃戸に下りました。
若干風があったものの、天気はとても良く快適な山行となりました。
ただ、カニのハサミを通過後、草付きのガリーの手前が少々手こずりました。
トラバースするバンドの手前で左に行きすぎ、急な斜面をかなりの距離のトラバースとなり、
ヒヤヒヤでした。その後はかなり緊張しつつも、大天狗のバンドに上がると達成感と
ほっとした気持ちで来て良かったと納得のルートでした。
私も一般道に抜けた頃はバテバテでしたが、翌日は仕事があったので、かなりゆっくりと美濃戸まで
下りました。

緊張する場面がたくさんあり、何度となく心が折れかけましたが、終わってみるとまた行きたくなる
そんな山行でした。
今回の山行ではsudoさんの記録がとても参考になりました。
ありがとうございました!
 

レンタル掲示板
/38