teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 赤岳記録拝見しました

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 2月17日(水)23時09分47秒
返信・引用
  > No.344[元記事へ]

デナリさんこんにちは。

美濃戸口の駐車場が満杯なのは、赤岳鉱泉の人工氷壁などでアイスクライミングをする人が多いのかな、
と思っていましたが、行者小屋の方もにぎわっていましたね。
ヘルメットや登攀用具を持っている人たちをみると、みんなバリエーションルートへ行くみたいに見えますが、
普通に文三郎道を登っている人が多くて少しホットしました。
人が多いと安心ですが、元気な若い人達に追い越されて行くのもなさけないので、次回は人の少ない山へ行こうと思っています。


 
 

赤岳記録拝見しました

 投稿者:デナリ  投稿日:2016年 2月17日(水)16時40分57秒
返信・引用
  sudoさん、ご無沙汰しております。
赤岳に行かれたのですね。私も年末年始は八ヶ岳でした。文三郎から上がって硫黄までの縦走でしたが、天気に恵まれ気持ちのよい山行になりました。八ヶ岳もだいぶ人が増えましたね。私が行った時も行者のテン場は20張ぐらいでした。隣のテントの3人組が大騒ぎで閉口しましたが。。。。
 

Re: 早い治癒を

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 1月 2日(土)18時49分39秒
返信・引用
  > No.342[元記事へ]

july-kさん,
有り難うございます。
捻挫は不覚でした。でも骨折しなくて幸いでした。今後の注意を喚起するよい経験だったと思います。

常念岳東尾根は以前はあまりメジャーなルートではなかったと思いますが、
2~3年前に山と渓谷に出てから、認知度があがったのではないでしょうか。

私は昨年還暦を迎えました。
3年後輩ですね。
山では自分の力を精一杯使いながら、遭難しないように用心したいです。

次に長い休みがとれるのはGWなので、それまでは、八ヶ岳あたりの雪の中でもがいてきたいと思います。

またよろしくお願いします。
 

早い治癒を

 投稿者:july-k  投稿日:2016年 1月 2日(土)18時27分47秒
返信・引用
  ご返信ありがとうございます。 捻挫はあまり軽いものではなかったようですね。早い治癒を念じております。
常念東尾根は、12/26~29に6隊入っていました。そのうち、5隊が単独でした。(私を入れて)天気はよいほうでしたが、結局、上高地へは行かず頂上往復としました。あの笹と樹林枝こぎ、そして岩峰通過を重い荷物でこなし、さらに蝶槍手前の深雪部をラッセルするのは無謀な計画でした。それほど寒くなかったのですが、西穂独標のときの軽度凍傷の後遺症で今も痺れた指でキーを打っています。来年は大天井か甲斐駒黒戸尾根あたりかなどと思いを巡らせていますが、当方、今年64歳を迎えます。あと5年くらい冬山へ行けるか。それとも遭難予備軍なのか。登れる範囲でほんの少し無理しながらやっていきたいと思います。
 

Re: 常念東尾根

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 1月 2日(土)00時07分21秒
返信・引用
  > No.340[元記事へ]

july-kさん、おつかれさまでした。

(昨日今日は、メールは受信できますが、送信しにくい環境にいます。)

12/27前後は天気が悪かったのではないでしょうか。
無事登頂できてよかったですね。
藪漕ぎがひどかったそうで、下山は別ルートですね。
上高地側へおりられたのでしょうか。

また、よろしくお願いします。
 

常念東尾根

 投稿者:july-k  投稿日:2016年 1月 1日(金)22時17分35秒
返信・引用
  新年おめでとうございます。あらためてメッセージお送りします。捻挫の経過いかがですか。当方、常念岳に東尾根から3泊4日で行ってきました。先行パ-ティ-がいたから登頂できたのであって、トレ-スが全くなかったら不可能だったと思います。笹と樹林枝のかき分け厳しかったです。手指は相変わらず凍傷の後遺症で痛かったですが、気温が高めで助かりました。山から帰ると布団で寝るのが嬉しい軟弱野郎ですがよろしくお願いします。  

Re: 謹賀新年

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 1月 1日(金)14時47分38秒
返信・引用
  > No.338[元記事へ]

現場監督さん、お久しぶりです。

書き込みありがとうございます。

捻挫した足は今相当腫れて歩くことに苦労していますが、1ヶ月もすれば山へ行けるだろうと思います。

現場監督さんは海外の山など盛んに登られていてすごいなと思っていましたが、膝を痛められているそうですね。

私も体の不調をコントロールしながら、ずっと山登りが続けられればいいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。
 

謹賀新年

 投稿者:現場監督  投稿日:2016年 1月 1日(金)11時42分38秒
返信・引用
  たいへんご無沙汰してます。
明けましておめでとうと言っていいものかわかりませんが、本年もよろしくお願いいたします。
挫いた足の方は大丈夫でしょうか?

私も故障続きでそろそろ潮時かとも自覚していますが、「山登りも一旦やめてしまったら再開は難しい」という思いに共感しました。
自分のペースで自分の山登りを楽しみたいですね。
今年もHPの記事を楽しみにしています。
 

Re: 謹賀新年・・・

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 1月 1日(金)08時40分43秒
返信・引用
  > No.336[元記事へ]

山こじさん, 新年おめでとうございます。

年をとると若い時に出来ていた事が段々出来なくなりますね。
山登りも一旦やめてしまったら再開は難しいだろうと思います。
今回も1人のラッセルでどこまで行けるか自信がありませんでしたが、
何とか森林限界まではいけたので満足しています。

今年もよろしくお願いします。
 

謹賀新年・・・

 投稿者:山こじ  投稿日:2016年 1月 1日(金)07時37分28秒
返信・引用
  sudoさん、明けましておめでとうございます。クリスマスは雪山に挑戦していたのですね、さすがにガッツがありますね。 私は相変わらず秋山以降は仕事に追われて頑張っていました。 今年も楽しい登山で、少しでも永く体力続くように頑張りましょう。今年もよろしくお願いします。  

レンタル掲示板
/38