teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


空木岳拝見しました・・・

 投稿者:山こじ  投稿日:2016年10月30日(日)08時44分16秒
返信・引用
  積雪期の為の偵察山行きだと思われますが、またまたガッツな登山を企てているような感じですね。 私は今年の山行きのすべてが小屋泊だったので、軟弱な方向に進んでしまいそうです。小屋泊は出会いなどがあって楽しいのですが、メジャーな所での窮屈な思いを考えると、日程をどのように組むのかが肝ですね。 来年は日本海を目指そうかと思っています。  
 

Re: ゼニイレ沢拝見しました・・・

 投稿者:sudo  投稿日:2016年10月 4日(火)20時18分55秒
返信・引用
  > No.369[元記事へ]

山こじさんこんにちは。

ゼニイレ沢は最後の詰めを誤らなければ4時間くらいで登れるはずでした。
今回は激しい藪漕ぎに突入してしまいましたが、また行ってみたいと思える良い沢でした。
 

ゼニイレ沢拝見しました・・・

 投稿者:山こじ  投稿日:2016年10月 4日(火)19時10分18秒
返信・引用
  sudoさん、こんにちは。 レポ拝見しました。くたくたになるまで12時間の行動とは恐れ入りました。 まだまだ元気そうで何よりです。 滑滝登りの途中の振り返った写真にはビビりました。 確保無しでは結構緊張しちゃいますね。 無事下山お疲れさまでした。  

Re: 川場谷

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 8月31日(水)17時51分41秒
返信・引用
  > No.367[元記事へ]

現場監督さん、お久しぶりです。
カキコミ有り難うございます。

海外の山での活動ぶりは拝見しております。

川場谷では現場監督さんとほぼ同じところで幕営したと思います。
最後に詰めた沢も同じだったようで、あのルートが川場谷の標準ルートなのだと思っています。

しばらく沢登りから離れていましたが、やっぱり沢登りもいいものですね。
 

川場谷

 投稿者:現場監督  投稿日:2016年 8月30日(火)23時34分39秒
返信・引用
  どうもご無沙汰しております。レポ拝見しました。
引き合いに出していただき光栄です!
テントも似たような地形の所に張られていたので、懐かしく思い出しました。
私も最近少し沢から離れていますが。来月は一人で気楽な沢を計画しています。か

http://blog.goo.ne.jp/kuoutdoor

 

Re: 下の廊下

 投稿者:Miki.K  投稿日:2016年 8月23日(火)19時32分33秒
返信・引用
  Sudoさん、こんばんは。
先ほど、阿曽原温泉小屋を予約しました。
電話で聞いたところでは、9月中旬には通行可能になりそうです。
今回、千葉の山岳会で一緒だった友人と、黒部ダムから歩く予定です。
高熱隧道は読んでます。何年も前ですが、持っているのにいつの間にか、また買っていて、2冊も持っています…
その友人と二人で、もう一度読んでから行こうと話してます。
天候に恵まれるといいのですが!
 

下の廊下

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 8月21日(日)08時02分33秒
返信・引用
  Miki.Kさん、こんにちは。
阿曽原温泉から槻平までは歩いたことがありますが、黒部ダムから阿曽原温泉までは通ったことがありません。
雪が多い年は残雪が溶けきる前に、新雪が降って通れない今年もあるようですね。
もし、吉村昭の『高熱隧道』という小説をまだ読んでいなかったら、行く前に是非読んでください。

 

Re: 檜尾岳

 投稿者:Miki.K  投稿日:2016年 8月20日(土)00時15分38秒
返信・引用
  こんばんは。
空木平の避難小屋ですが、そんな言い伝えがあるとは、知りませんでした。
私は友人と2人で、貸し切り状態でしたが、何事も起きませんでした。
快適な避難小屋でしたよ。
残雪期だったので、標識も埋れていて、辿り着くのに苦労しましたが…
それに比べて、檜尾避難小屋は狭かったです。
でも、マットやシュラフ、お米まで置いてありました。
先日は娘達と4歳と8歳の孫も連れて、乗鞍岳に登ってきました。畳平からですが。
9月末に友人と黒部の下ノ廊下を歩こうと計画してますが、まだ通行可能かどうかの確認はできていません。歩けるといいな、と思ってます。
 

Re: 川場谷

 投稿者:sudo  投稿日:2016年 8月17日(水)22時13分38秒
返信・引用
  > No.362[元記事へ]

juqchoさん、お久しぶりです。いつも拝見しています。

山行記録をupしたばかりですが、読んでいただいてありがとうございます。

川場谷関係のレポートを調べていたら、現場監督さんのレポートやjuqchoさんのレポートにたどり着いたので
私も是非登っておこうと思いました。何年か前に亡くなったmoto.Pさんのレポートもありました。
moto.Pさんは1泊2日で川場谷と武尊沢の両方を登っていました。
誰にも会わないような寂しいところを登っていても、皆もここを登ったのだなと思うと、励みになります。

私は還暦を過ぎて沢登りから遠のいていましたが、やはり沢登りは面白いですね。まだまだの続けたいとおもっています。でも、山で死なないように気をつけて登って行きたいと思っています。
 

川場谷

 投稿者:juqcho  投稿日:2016年 8月17日(水)21時07分44秒
返信・引用
  sudoさん、お久しぶりです。川場谷の記録をたいへん懐かしく拝見しました。
自分はいつ登ったのだったかと思って調べたら、もう14年も前のことでした。
あらためて、時間のたつのは早いものだなと思いました。
これからも時々、sudoさんの記録を見に立ち寄ります。

http://juqcho.jp/climbing/2002/20021012.html

 

レンタル掲示板
/38